加齢臭の原因と対策


前回、加齢臭原因対策方法を調査してみた。

加齢臭原因対策などは、他のサイトにも詳細に書きつくされているのだが、ここでも簡単にまとめておこうと思う。

まず、加齢臭の原因はノネナールという物質だということ。

これは皮脂腺から分泌された皮脂(脂肪酸)が酸化分解されたり皮膚に住むバクテリアに分解されたりして発生するらしい。

皮脂から生まれるノネナールという物質が臭うのだ。

うーん、確かに、脂ぎったオッサンほど加齢臭がきついようなイメージはあるなあ。

ということは、自ずと対策は見えてくる。

1.ノネナールを洗い流す

2.皮脂をノネナールに変えさせない

3.皮脂の分泌を抑える

・・・こんな所だろうか。

まず1の「ノネナールを洗い流す」だが、実は普通の石鹸やシャンプーではノネナールは落ちにくいと書かれたサイトがいくつかあった。

なるほど、私がシャンプー直後に加齢臭を感じたのはノネナールが落ちていなかったからなのか。

しかし絶望することはない。

加齢臭対策用の石鹸やシャンプーもちゃんとあるのだ。

それで綺麗に洗えばいいんだな・・・。

次に2の「皮脂をノネナールに変えさせない」について。

皮脂は「酸化分解」されるとノネナールに変わる。

若いときは「抗酸化力」が強いから、加齢臭の元になるノネナールが発生しにくいんだそうだ。

ということは抗酸化力の強い食べ物を摂れば少しはカバーできそうだな。

ビタミンとかポリフェノールとか、何かそんなものを摂るようにしよう。

他にも、加齢臭対策に特化されたサプリメントも出ている。

ストレスや過度の飲酒・喫煙、激しい運動、強すぎる日差しなどは抗酸化力を弱めてしまうとのこと。

・・・ストレスは溜まってしまうなあ。

まあ、でも加齢臭を克服するためだ、気をつけることにしよう。

最後に3の「皮脂の分泌を抑える」だが、これは食生活を変える必要がありそうだ。

肉に代表される高たんぱく・高脂肪の食事を控え、脂肪が少なく食物繊維の多い和食に戻すこと。

肉好きの私には難しいな・・・。

しかし日本人の食生活が変わって肉食が多くなってから、若者も含めた日本人の体臭が全体的にきつくなってきているそうだ。

臭い国はイヤだな・・・。

肉食をやめることはできないが、食物繊維の多い野菜もたっぷり摂って、加齢臭を発しないように気をつけよう。
スポンサード リンク
<プライバシー ポリシー>
・広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
・Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
・ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。